ニューストップ画像

あなたは消費税8%の家、それとも10%の家どちらを選びますか

あなたは消費税8%の家、それとも10%の家どちらを選びますか

消費税は平成26年4月1日より8%に引き上げられ、さらに、平成31年10月1日に10%へ引き上げられることとなっています。 その際、増税の適用基準日となるのが、住宅の引き渡し日です。 この引き渡し日が施行日以降となった場合に増税が適用されることになります。 ただし、施行日の半年前(指定日)以前に工事請負契約を済ませている場合は、引渡し日が施行日以降であっても、増税前の税率が適用されることになります。 この経過措置を図解したのが以下になります。

新築の場合 例)消費税10%の場合 2000万の家で200万円、40万UP、
3000万の家だと300万円、60万UPとなり、もったいないですね。
2%分で家具や電化製品が購入できます。
今から住づくりの計画をして、消費税8%のうちに家の購入を進めましょう。
平成29年から平成30年に資金計画やプランの準備を進め、遅くても平成30年中旬から
平成31年4月頃までに着工しましょう。
(平成31年4月1日前に、契約していただければ10月過ぎて引き渡しでも8%で済みます。)

 

〇すまい給付金の対象となる住宅の要件(新築の場合)
・引上げ後の消費税率が適用される住宅を取得する場合、引上げによる負担を軽減するため現金を給付
・平成26年4月から平成33年12月まで実施
・床面積が50㎡以上である住宅
・すまい給付金を受け取るためには、給付申請書を作成し、確認書類を添付して申請することが必要
・住宅ローンを利用している場合は、住宅瑕疵担保責任保険へ加入した住宅または住宅性能表示制度を利用した住宅など施工中に検査を受けている住宅が対象
・住宅ローンの利用がない場合は(現金で住宅を購入する場合)、施工中に検査を受けていることに加え、フラット35Sと同等の基準を満たす等の住宅が対象、年齢が50歳以上(収入額の目安が650万円以下(10%時)の者)

・一次エネルギー消費量等級4以上または断熱等性能等級4または省エネルギー対策等級4
・耐震等級2以上または免震建築物
・バリアフリー性に優れた住宅(高齢者等配慮対策等級3以上)
・耐久性・可変性に優れた住宅(劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上等)

〇消費増税前に、住まいが完成するとたくさんのメリットがあります。
例) 2,000万円の家を契約の場合、8%の消費税なら160万円 10%と比べたら40万お得
ゼロエネルギーZEH仕様の家なら、地域型住宅グリーン化事業グループ採択なら一戸当たり165万円の補助金(棟数制限あり)
環境共創イニシアチブZEH補助金なら75万円 申請諸費用が掛かります。
住まいの給付金10万から30万円迄、 県民税により変わります。
建物は太陽光発電6.5kで、光熱費0円+売電が年間15万円ぐらい貯蓄できます。
(家族3人の光熱費は年間平均 約10万円位使用しています)
売電10年間で150万円となります。
増税10%の場合40万円が消費税としてなくなります。
又、小さなお子さんのいる家庭は、市役所に問い合わせして、補助金いただけるかどうか、確認も必要です。
児童手当、若者・子育て世代定住促進住宅取得支援事業などありますから、調べて申請すると補助金が交付される場合があります。

消費税増税対策まで、(31年4月までの契約)あと1.5年しかありません。皆さんはいつスタートしますか? (敷地調査や資金計画、設計プランの作成など時間がかかりますので、余裕のスタート)
□土地探しもしなくてはならない? 安くてよい土地は早くなくなってしまう?
□資金計画で、住宅ローンいくら借りられるか又、いくら返済できるか、不安の方?
□その他の準備はたくさんありますので・・・・・早めにスタートしましょう。

お問い合わせ・資料請求 注文住宅や土地に関するご相談・ご質問などお気軽にオオトモホームまでお問い合わせください。
ページトップへ参ります