ニューストップ画像

2016年5月のフラット35金利発表されました。フラット20、35ともに大幅下落

ua_005

2016年5月のフラット35金利発表されました。フラット20、35ともに大幅下落
日銀のマイナス金利導入で長期金利が史上初のマイナスになる異常事態
•世界経済の先行きに対する不透明感は強く、株安・円高・金利低下の流れは長引く可能性があるというマーケットの予想
•自動車や電機など輸出関連企業の株式が売られたほか、長期金利がマイナスになったことで運用収益が落ち込むとの見方から銀行株も大幅に値下がり
•国債を高値で購入して損は出たとしても、株を保有して大きな損を出すよりはましという一般投資家は国債の買いに走る
•そして2月9日には長期金利が史上初のマイナスとなって。円高も進んで11日には一時、1ドル110円台に突入
•2016年5月にはフラット35の全期間固定金利が過去最低の0.96%を記録
•主要6行の借り換え申し込み件数は2万3千600件で前年同月比3.6倍に増加

●9割融資
15~20年もので  0.96%(2016年4月より0.06%下落
21~35年もので  1.08%(2016年4月より0.11%下落
________________________________________
●9割超融資(10割融資)
15~20年もので  1.40%(2016年4月より0.06%下落
21~35年もので  1.52%(2016年4月より0.11%下落
※9割超融資は平成26年度補正予算による制度拡充終了に伴い、
通常通り0.44%の上乗せとなります。

フラット20並びにフラット35ともに大幅下落
そしていずれも過去最低金利となりました。

住宅ローンの借り換えで、人生でも最大級の大きな負担である住宅ローンの返済額を減らす
最高にして最後のチャンスが到来した可能性があります。住宅ローンの見直しの絶好の機会です
今こそ、建て時!
住まいづくりのチャンスを掴んで下さい。

お問い合わせ・資料請求 注文住宅や土地に関するご相談・ご質問などお気軽にオオトモホームまでお問い合わせください。
ページトップへ参ります