制振構造住宅(オオトモホームの家づくりに標準装備)
「GO-TA」(制振ダンパー)の入った構造躯体は、建物の変形(層間変位)を約60%に低減!

地震から大切な家や家族を守りたい。そう願うために、強力な新製品「GO-TA」は、独自構造の摩擦ダンパーを採用した筋かい型の画期的な制振システムです。万が一、地震などで家が揺れた時には、摩擦ダンパーの働きで、建物の揺れを熱エネルギーに変換し、建物の変形を抑制します。

従来、木造建築では、筋かい・合板などを釘・ビス・金物などを使って梁や柱に留めつけ、地震や台風などの外力に抵抗する耐力壁としてきましたが、揺れの長い地震や度重なる余震などを受けると、こうした耐力壁も徐々に損傷を受けることがわかっています。

制振ブレース「GO-TA」は、繰り返し揺れても摩擦抵抗で踏ん張り、建物の変形(層間変位)を平均で60%*1 程度に低減します。また「GO-TA」は、耐力壁として*2 国土交通大臣認定「壁倍率1.7」を取得しました。これにより「GO-TA」は、制振システムであると同時に、耐力壁として壁量に算入していただくことが可能となりました。

日本人に愛されつづける木の家を、しっかりと支えて守る、パワーが持続する制振ブレースです。


●「GO-TA」の入った構造躯体は、建物の変形(層間変位)を約60%に低減!
●繰り返しの地震に強く、メンテナンスフリー
摩擦ダンパーは、大型建築物の制振装置に採用実績の多いオイレス工業(株)製を採用。繰り返し耐久性能が極めて高く、連続して発生する余震にも安定した力を発揮します。なお、ダンパー部の構成部材は経年劣化のほとんどない摩擦材と高耐食性を有する表面処理を施していますので、一度設置したら、メンテナンスの心配はありません。

日本は地震国でもあり夏は暑すぎて、冬は寒いどんな家が良いか、適正価格で地震の対応出来る「耐震構造+制振構造住宅」・省エネルギー対策等級4の住宅(夏涼しく・冬暖かい家)弊社では耐震工法+制振工法+省エネルギー対策等級4の住宅を標準装備にしました。安心・安全宣言!! 建てた後の安心サポート付

強さと薄さを極めて「テックワン」誕生。
テックワン
木造軸組の「継ぎ手」「仕口」部分(アリ・カマ・ホゾ等)をアゴ掛け金具・ホゾパイプなどの金具に置き換え、ボルトとドリフトピンで緊結する接合金具「クレテック」は、全国に建築金具工法を広める先駆けとなりました。この実績を踏まえ、溝をカットする際に生じる木材の欠損部がより少なくなるように改良した「テックワンP3」は、幅100mmという究極のスリム化を実現。木材の中に納めやすく、扱いが容易であると同時に、流通の際の効率性と経済性を高めています。
なお、テックワン・クレテックなどを用いた「金具接合工法」は、在来工法に比べて次のような特長があります。
●木材の加工欠損が少なく耐力が大幅にアップ
●寸法精度の向上。
●木材を落とし込んでピンを打つだけの簡単施工により、 現場の作業性が向上。
●金具が木材の中に納まるため、断熱材・パネルなどがスッキリと納まる。
●構造材の完全部材化も可能で、施工の合理化に貢献。

  • 現場見学会 お申し込みはこちら
  • 家づくり小冊子無料プレゼント
  • エコと暮らす家
  • オオトモホーム通信 幸せの家づくり日記
  • 安心・安全の保証
LIXIL ウェブサイトへ
リクシル

LIXILリフォームネットサイトへ   リフォーム

 
友だち追加  LINE@

 Zehitomo

栃ナビ!オオトモホームのクチコミ掲載中。

お問い合わせ・資料請求 注文住宅や土地に関するご相談・ご質問などお気軽にオオトモホームまでお問い合わせください。
ページトップへ参ります